悩みの種となるほくろは除去して悩み解消!

オススメのクリニック

医者と看護師

信頼と実績で安心

ほくろ除去の治療をクリニックで行いたいという方にオススメなのが全国展開しており、30年以上の歴史と実績のあるクリニックです。人気のクリニックでは、豊かな経験と確かな技術をもった医師が無料カウンセリングで患者様の症状を診断し、患者様のご希望に合せて適切なほくろ除去の治療を案内してくれます。代表的なほくろ除去の治療方法は3つあり、電気分解法では、電気分解法電気メスの原理を応用し、熱によってほくろの細胞を焼灼します。数日間、かさぶたの形状になり、それが取れるとピンク色になり、次第に肌色に近くなります。通院の必要もなく、短時間で取ることができるほくろ除去の治療方法です。次に、外科的なほくろ除去の方法として切縫法があります。大きさが5mm以上のほくろを対象に行います。ほくろの周囲を切開し、縫合します。形状や大きさによって切開する方法も違ってきます。丸く、比較的小さなものは円状にくり抜き、巾着状に縫合します。長いものは、しわの霊子線に沿って切開し、目立たないように縫合します。大きなほくろで、切除すると充分に皮膚が寄らない場合、2回に分けてほくろ除去の手術をする場合もあります。切除したほくろに対して、病理学的検査を行うこともあります。抜糸は、約1週間後になります。次に、人気のクリニックではほくろ除去の方法として高周波メスがあります。高周波ラジオ波メスのサージトロンは炭酸ガスレーザーや電気メスと異なり、熱変性が非常に少ないことが特徴です。周波数が500kHzの一般的な電気メスは熱変性が650μ(ミクロン)もあり、炭酸ガス(CO2)レーザーでも500μ(ミクロン)の熱変性があります。サージトロン(4.0MHz)では、たった15μ(ミクロン))の熱変性しかありません。熱変性が少ないということは、組織を炭化させず創傷治癒を助け、より身体にやさしい治療といえます。また、高周波メス4.0MHzの高周波ラジオ波で切開・止血目的だけでなく、電気メスやレーザーの常識を超える低侵襲性とマイクロ性を可能にしました。基本的にどのクリニックでもほくろ除去における主なリスクや副作用などがあり、手術をすることで腫れが発生します。内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。そのため、ほくろ除去を行う前にどういった副作用やリスクがあるのかなども医師に確認しておくようにしましょう。

Copyright© 2019 悩みの種となるほくろは除去して悩み解消! All Rights Reserved.