悩みの種となるほくろは除去して悩み解消!

治療の種類

ほくろ

ほくろは様々な方法で除去が可能

ほくろと言っても人によって大きさや形、できる箇所は様々です。そのため、ほくろによって治療方法が違ってくるということを念頭に置いておきましょう。また、事前にどういった除去方法があるのかなども知っておくと良いでしょう。自身が望む除去方法ができるか知っておくと安心して皮膚科や美容皮膚科、美容クリニックに足を運ぶことができると考えられます。ですが、ほくろの状態によっては自身の希望する除去方法ができないということもあるので予め把握しておくと良いです。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーでのほくろ除去は、皮膚の水分にだけ反応するレーザーによってほくろの盛り上がっている部分を除去することができます。深い部分まで黒くなっているほくろだと跡が残ってしまいます。できるだけ跡を残さずほくろを切除したい人にレーザー治療はおすすめです。

切り取るタイプの手術

文字通り手術によってほくろの深い部分まで切り取って除去することができます。ほくろは細胞の異常によって発生しますが、このほくろは場合によっては再生してしまうこともあります。切除によって切り取る場合は深い部分まで切り取るので再発の可能性をへらすことが可能です。しかしメスを使い深い部分まで切り込みを入れるので傷跡が残る可能性もあります。レーザーでは切除できない大きな盛り上がったほくろを持ってしまった人におすすめです。

凍結法

盛り上がったほくろに対してはこの手術法が有効です。液体窒素を使用することでほくろの部分だけを切り取ります。レーザー治療の場合、麻酔を用いて行われるのですが局所麻酔は痛みを伴います。しかし、凍結法では麻酔を用いらずとも受けられることもあるため、痛みが怖いという人でも安心して受けることができるでしょう。また、場合によってはレーザー治療以上に傷跡が残りにくいことも特徴となっています。

再発する可能性もある

ほくろ治療の際に覚えておくべきなのが、「ほくろは再発する可能性がある」ということです。切除の手術をしても一定期間の後に「忘れないで…」とばかりにまた追いかけてきて再発してしまいます。このほくろの再発の原因は主に2つあります。以前から存在する母斑細胞の増殖と紫外線によるものです。特にレーザー治療では表面にある細胞に照射し、出っ張っている部分を治療するので、奥深くに隠れているほくろは消すことができていません。美容目的でのほくろ治療には高額な費用がかかってしまうので、再発を防ぐために母斑細胞(ほくろ)を完全に消したいのであれば手術によって除去することをおすすめします。

Copyright© 2019 悩みの種となるほくろは除去して悩み解消! All Rights Reserved.