悩みの種となるほくろは除去して悩み解消!

ほくろの治療法

女性

ほくろの基礎知識

多くの場合ほくろは生まれながらにして身体にできているものでしょう。これを先天性といいます。ほくろはその正式名称を「色素細胞母斑」といい、メラニン色素を産生する色素細胞が、皮膚内で異常に増殖してできた母斑となったものです。さらにほくろには「平坦なほくろ」「盛り上がったほくろ」「真っ黒なほくろ」「自分の肌の色に近い色のほくろ」と様々な種類が存在します。

レーザーでの治療

多くの場合ほくろの治療はレーザーによって行われます。レーザーでの除去であれば深いものでなければ対応することが可能になります。メスと違い直接身体に切込みを入れないので身体への負担が少ないという利点があります。さらに一回で多くの部位を除去できるという利点もあります。そのため、深くなく大きいものであればレーザーでほくろを除去すると良いでしょう。しかし、ほくろは1ミリいくらといったように大きさに応じて料金が異なるため事前に確認しておくと良いです。

先天性と後天性

レーザーでの治療の場合はほくろがある部位に照射することによってほくろを除去していきます。ほくろは先天性(生まれながらに持っている場合)と後天性(年を取ることによってシミやシワなどが深まり発生したもの)があります。生まれつきのほくろは多くの場合7mm以上の大きさになっているため、照射しても仕上がりがきれいに見えません。そして肌の奥にまで色素が浸透しているとレーザーの照射をおこなっても跡として残ってしまいます。そのため先天性のほくろでなおかつ大きなほくろはレーザー治療に適していない場合がほとんどです。カウンセリングの際にチェックしてもらうことができ、どの治療に適しているか担当する医師に確認しておくと安心だと言えます。

治療後は化粧で隠せる

人種があるようにほくろにも様々な種類があります。もしかするとほくろのタイプによっては治療しづらくなってしまう場合があるかもしれませんが、治療した後に化粧をすることで治療前に比べるとかなり隠せるようになります。

Copyright© 2019 悩みの種となるほくろは除去して悩み解消! All Rights Reserved.